地域・修景計画
『治部坂高原』修景事業 Ⅱ期 【NEW】

修景に際し、現況の植生調査を明細に実施しました。
ヤマザクラ・イロハモミジ・シラカバ・ナナカマド
クヌギ・ミツバツツジ・ホウノキ等、生態系に即した
樹種を移植しました。
 →クリック

zibuzaka-DSC_0018

石貼り舗装を施し、イロハモミジをランダムに増植し、色彩を加えています。

 

zibuzaka-DSC_0013

遊歩道入口には、自然石造による歩道を新設しました。

 

zibuzaka-DSC_0012

手前が新設した休憩広場の「木製デッキ」です。

 

zibuzaka-DSC_0024

ヒノキ丸太材を加工した「木橋」

zibuzaka-DSC_0031

zibuzaka-DSC_0020

多種の植種をランダムに移植することにより、多様な植生環境に変貌しました。

 

zibuzaka-DSC_0033

木立の中に設置した「木製ベンチ」です。

zibuzaka-DSC_0037

新たに設置した人工木製デッキ製の「休憩広場」で憩う人々です。

 

zibuzaka-治部坂-254

自然石をつ積み上げた「歩道入口」です。

 

zibuzaka-治部坂-265

丸太材を加工した「遊歩道」です。

ひとつ前にもどる
Page Top