環境プランニング/長野県飯田市の建築設計事務所 > 作品集 > 民家の再生 > 江戸後期「本棟造民家」Ho邸   【new】

民家の再生
江戸後期「本棟造民家」Ho邸   【new】

  • 再生前
  • 再生後

DSC_0033

信州上伊那地域は、河岸段丘底部である沖積氾濫原に広大な水田が広がる
「水郷地帯」である。長期に渡り豊かな「水田耕作」が営なわれ、
明治中期以降の「養蚕業」への転作も少なく「水田」を主体とした原風景
継承してきた。

 

保科邸-28

Ho邸
「養蚕民家」が多数残存する南信州と異なり、江戸後期からの「本棟造民家」
が極く少数ながら住み継がれている。今回再生されたHo邸も「水郷地帯」
に建築されたこの様な民家である。

 

DSC_0001

Ho邸
旧家の趣を残す土蔵廻りに配された水路
生活用水として、多用途に有効利用されてきた。

 

DSC_0003

庭園には建築時に植樹されたと思われる樹径の大きな
アカマツ等が、幾種も生育している。

 

DSC_0034

DSC_0035

地域の皆さんの「本棟造民家」への意識は高く、
昭和の「本棟造民家」が「水田地帯」に幾棟か点在している。

保科-66

工事中
現況連子格子を撤去。漆喰下地、連子格子枠を製作している。

 

DSC_0018

再生後
下屋根部を瓦・金属葺に葺き替え、外壁は漆喰仕上、
連地格子は新規に製作している。

 

保科邸-06

再生前
改修工事により土間空間に天井が張られている。

 

保科-60

工事中
天井を撤去、松梁を化粧仕上、新に付長押・幕板を取り付けている。

 

DSC_0019

再生後
正面地袋は再使用、天井部を撤去、建築時の土間上昇空間を再現し、
トップライトより光を落としている。

 

保科邸-51

再生前
仏壇も組み込まれた和室10畳・続き間

 

 

保科-35

工事中
床下部材を全て撤去。新たに土間コンクリート打を施し土台・大引きを架構している。

 

DSC_0012

再生後
床下を改修し、左面に階段部が加わった和室・続き間
手前引き分け板襖は、再使用建具

 

保科邸-02

再生前
東面開口部が金属建具に改修された以外、
大きな改修もなく住まい継がれてきた。

 

DSC_0030

再生後
荒床を撤去、松梁を化粧仕上し2層階の吹き抜けを創出
東面には高窓を新設し朝日の導入と自然通風を確保。
薪ストーブにより2階部までの、全室暖房を可能にしている。

 

保科邸-101

再生前
養蚕業を行ってきた名残りのある「本棟造民家・Ho邸」の小屋裏空間

 

DSC_0040

再生後
小屋裏を各部位断熱処理トップライト設置を行い、子供室・寝室に改修。

 

 

DSC_0042

新規に設置した階段下部に、ムク板の装飾棚を設置。

 

DSC_0022

和室・続き間に置かれた旧家ならではの「飾り雛」

 

DSC_0010

床下から出て来た珍しい形状の「石臼」
玄関脇に玉石敷上に据えられている。

作品集にもどる
Page Top