民家の再生
江戸後期「本棟造民家」Hi邸

飯田市の竜東地区に建築された、築150年の「本棟造民家」です。
片側3間と3間半の非対称の開口で、西側が母屋下りの特徴的な形態です。
建築時の棟梁さんの粋な計らいが感じられる民家です。

 

h_tei_03

特徴的な西面母屋下り形態の「本棟造」です。
二階屋外には、二階ホールから出入可能。

 

02_hirasawa008

二階手摺部は、アルミ部材を新規ヒノキ造作材に改修したものです。

 

02_hirasawa006

玄関部は深い庇と共に増床したものです。

 

h_tei_08

再生前 玄関部

 

h_tei_09

再生前 廊下廻り

 

h_tei_10

再生後 玄関ホール
建具類は全て木製に改修。地窓を新たに設置しています。

 

h_tei_11

壁材は、ラスボードからの「本漆喰」仕上げ。
床材は床暖房以外の箇所は「ムク材」使用です。

 

h_tei_12

低天井のキッチンから、吹抜け空間のリビング・ダイニングへと繋がります。

 

h_tei_13

磨き使い込まれた板襖戸は再使用しました。
奥に繋がるのは10帖の続き間です。

 

h_tei_14

南面に新たに設けた茶の間的な和室コーナーです。
壁は左官材、天井は銘木合板仕上げ。

作品集にもどる
Page Top