エコロジカルな住まい
和風の二世帯住宅 Mm邸

上質な「ヒノキ材」と丁寧な職人芸による「2世帯同居」のお住まいです。
内部は上質な地域木材による「安らぎの木質空間」で、外部は自由奔放・繊細「南信州の数奇屋建築」
イメージです。吹抜の階段ホールを介した全館暖房を試み、地産地消の一端を担うべく、ペレットストーブを2台導入されています。

工事記録

  • 外部
  • 内部
  •  
  •  
  •  
  •  

mi_gai_01

駐車場からのアプローチです。
床の美濃石、玉砂利、枝打ちされた杉の植栽等
バランスよく配置されています。

 

mi_gai_02

夕暮れ時、細い竪格子越から柔らかな光があふれて
います。同居されている二世帯の方々の
「あたたかな暮らし」を感じさせてくれます。

 

mi_gai_03

mi_gai_05

南西面からの外観であり、塀の扉が開いた状態です。
紅葉のモミジは落葉し、冬期には暖かな日差しが降り注ぎます。

 

mi_gai_06

濃紅のモミジをお施主さんがライトアップされ、短い紅葉の時期を楽しんで
いらっしゃいました。

 

mi_gai_07

手入れの行き届いた庭園と建物が、良くマッチしています。
軒の出は1.2mもあり、若い世代の方々の物干し場を雨から防護しています。

 

mi_gai_10

道路面からの夕暮れ時の表情です。
繊細な面格子から、暖かな白熱色の光が溢れています。

 

mi_gai_11

居間に設けた桧材のデッキです。
暖かな日にはお茶を飲んだり、多用途に使われています。

 

mi_gai_12

良質な桧材による出桁の木製バルコニー。
細やかな縦格子、出の深い付庇等、今や貴重な大変手間の
かかった木工の熟練技に感動します。

mi_gai_13

mi_gai_14

mi_gai_15

外周部の塀は、雨に強い杉の赤・黒味の心材と黒竹を組み合わせてみました。
手ごろな単価で耐候性もよく、色彩のアンバランスが面白い表情を醸しだし
ています。

 

H20年11月竣工 木造2階 230㎡(高森町)

mi_nai_01

外部から自然に内部空間に繋がる「和」のイメージの玄関ホールです。
視線の低い地窓開口の上に、細長のカシュー塗りカウンターが配してあります。
左側がシューズクローク部です。

mi_nai_04

左側が玄関部、右側はシューズクローク部と変木のスクリーンにより区画し
ています。

mi_nai_05

1階親世代の方々の居間と、対面形式の食堂です。
軽いスクリーンにより、区画も可能です。

mi_nai_06

各部屋とも、良質な桧材による木質空間であり、自壁の左官壁とのバランス
を考慮しました。一段上がったったタタミコーナーは、お孫さんとの憩いの
場としてお使いです。

mi_nai_07

引込みサッシュを開放すれば、桧のデッキ材を通じ、緑豊かな庭園と一体化
します。暖房機はペレットストーブを使用しています。

mi_nai_10

玄関とは区画され、室内化された階段ホールです。
手すり・階段・全て総桧造りで、使い込む程に馴染んできます。
階段裏に熱源があり2Fホールまでの、全室暖房を試みています。

mi_nai_12

若い世代の方々の造り付けカウンター・引き出し収納による書斎コーナーです。
奥に台所・食堂が見え、勾配天井によりワンルーム化しています。

mi_nai_13

対面キッチン越しに書斎コーナーを見た所です。
食堂と書斎の照明器具は、オジリナル製作品です。

mi_nai_15

今後の用途変更にも対応出来るスクリーンで軽く区切った2F子供室です。
勾配天井を有効利用した小屋裏収納がセットされています。

mi_nai_16

mi_nai_17

洗面カウンターは、水返し等機能に優れた既製品を使用しま
した。桧集成材による作業カウンター・戸棚収納を造り付け
オリジナル性を出しています。

mi_nai_18

mi_nai_19mi_nai_20

mi_nai_01

外部から自然に内部空間に繋がる「和」のイメージの玄関ホールです。
視線の低い地窓開口の上に、細長のカシュー塗りカウンターが配してあります。
左側がシューズクローク部です。

mi_nai_04

左側が玄関部、右側はシューズクローク部と変木のスクリーンにより区画しています。

mi_nai_05

1階親世代の方々の居間と、対面形式の食堂です。
軽いスクリーンにより、区画も可能です。

mi_nai_06

各部屋とも、良質な桧材による木質空間であり、自壁の左官壁とのバランスを考慮しました。
一段上がったったタタミコーナーは、お孫さんとの憩いの場としてお使いです。

mi_nai_07

引込みサッシュを開放すれば、桧のデッキ材を通じ、緑豊かな庭園と一体化します。
暖房機はペレットストーブを使用しています。

mi_nai_10

玄関とは区画され、室内化された階段ホールです。
手すり・階段・全て総桧造りで、使い込む程に馴染んできます。
階段裏に熱源があり2Fホールまでの、全室暖房を試みています。

mi_nai_12

若い世代の方々の造り付けカウンター・引き出し収納による書斎コーナーです。
奥に台所・食堂が見え、勾配天井によりワンルーム化しています。

mi_nai_13

対面キッチン越しに書斎コーナーを見た所です。
食堂と書斎の照明器具は、オジリナル製作品です。

mi_nai_15

今後の用途変更にも対応出来るスクリーンで軽く区切った2F子供室です。
勾配天井を有効利用した小屋裏収納がセットされています。

mi_nai_16

mi_nai_17

洗面カウンターは、水返し等機能に優れた既製品を使用しました。
桧集成材による作業カウンター・戸棚収納を造り付けオリジナル性を出しています。

mi_nai_18

mi_nai_19mi_nai_20

Page Top