地域・修景計画
『峠の茶屋』修景事業

民家を移築・増築した「そば屋」、「公衆トイレ」周辺の修景事業です。骨太の民家のイメージを引き継ぎ、本漆喰仕上げの民家風板塀、サイン板、植栽・自然石階段を設けました。
河川の水を池から引用し、「人工池」として演出しています。

touge_0033
配置図

  • 修景後

touge_01touge_02

水の演出効果「人工滝」。 夕暮れ時はライトアップされる。建物との統一感を持たせた民家風板塀

touge_04touge_05

便所棟と食事棟を緩やかに自然石階段でつなぐ

 

H12年5月竣工(上村)

ひとつ前にもどる
Page Top